THE GUIDE

不動産ガイド

A CASE OF USERS

みなさまのライフスタイルの数だけ
家の選び方があります

理想をかたちにサービス提供中

株式会社ダイバーシティーマネジメントは、様々な要望にお応えする中で、幾多もの状況に対応しています。 家選びで少しでも疑問や引っかかりがある場合は、なんでもご相談ください。 皆様の「暮らし」に対する声を聞かせて頂いて、今と未来を見据えたご提案をさせていただきます。

GUIDE FOR BEGINNERS

物件購入が初めての方へ

リフォームか、買い替えか、のはなし
リフォームか,
買い替えか,
のはなし

ライフスタイルの変化を考慮した住まい計画が必要なのがこのパターンです。
長く親しんできた家を離れるのか、それともリフォームをしてさらに継続して住むのかのチョイスになるようなご提案をいたします。


永住するならリフォームを

将来の家族構成を想定してある程度ゆとりのある広さの住宅を購入し、その時々のライフスタイルにあわせてリフォームする方法。
メリットは、住み慣れた場所で長く住めるので、生活スタイルを大きく変えることなく長年かけて形成したコミュニティーを維持できることです。
その反面、大規模にリフォームを行なう場合には、そのための資金についても考慮しておくことが大切です。
今から新築や住み替えを考えている方は、リフォームをすることも見据えて計画すべきだと考えられます。

買い替えで住環境を最適化

今のおすまいに不便があり、住環境の変化を求めている場合、今後のライフスタイルを中心に考えてみてください。リフォームという選択もありますが、当時、新築で買った家でも設備や建物自体が古くなっており、費用が多額になることも。
今の大きすぎる家をリフォームするより、これからのライフスタイルに合った設備・部屋数で、新しい住まいを選んでみたい場合は、買い替えが最適です。
買い替えは今後リフォームすることも視野に入れ、中長期を見据えて計画できるのもメリットです。


同じ土地で、将来を見据えた住環境計画がある方はリフォームを。
住宅環境を最適化したい場合は買い替えを。
買い替えの場合もリフォームを見据えた物件を。
リフォームか、買い替えか、のはなし
マンションか,
一戸建てか,
のはなし

物件購入でまず迷うことが、マンションにするのか、一戸建てにするのか。やはりライフスタイルに応じて、また双方のメリット / デメリットを考慮してお選びください。


マンション物件の特徴
メリット

セキュリティがしっかりしている、管理しやすい
光熱費が比較的安くなりがち
部屋の掃除がラク
メンテナンスの手間がない
利便性の高い立地



デメリット

窓や開口部の自由度は低め
集合住宅のため、騒音や振動のトラブルも
収納が限られる
毎月の定期的なコスト(管理費・修繕積立金)が必要
管理・使用に関する一定の決まり(管理規約・使用規則)がある
収納が限られる

一戸建て物件の特徴
メリット

占有の庭や屋上など自由度が高い
ペットを飼うにもスペースや規則を気にしない
管理費などがない
窓や開口部の自由度が高い(風通しがいい)
広いので、大人数でも問題なく使用できる



デメリット

メンテナンスを自分で行わなくてはいけない
侵入できる窓や玄関が多いなどの防犯問題
広い庭の手入れがとにかく大変


双方の一番のメリット、マンション「セキュリティの充実と利便性」と
一戸建ては「十分な広さと独立性の高さ」を軸に、
ライフスタイルをしっかり考えて決断を。

A POINT

空も飛んでる不動産屋です
購入して終わり、ではなく将来の資産にもなります。

購入して終わり、ではなく将来の資産にもなります

購入したらそのマンション / 一戸建ては一生ものとお考えの方も多いですが、将来は誰にも分からないもの。自分が住まなくなった後まで考えた物件選びの条件は「売ったり貸したりしやすいこと」。誰もが住みたいと思う物件が理想です。

ローンの返済額も、ある程度は余裕を持って

ローンの返済額も、ある程度は余裕を持って

繰上返済も視野に入れ、少し余裕を持って買うことができる額を試算しましょう。年収に対する返済負担率は25%以下に押さえるのが理想的です。マンションや家を買っても生活にはある程度のゆとりを。不動産とのいい関係を保ったご計画を提供いたします。

購入時は部屋数よりも、平米数を重視

購入時は部屋数よりも、平米数を重視

今のライフスタイルあった快適さ、使いやすさに加えて実務面での買いやすさも大切です。そこでおススメなのは50㎡以上の物件。取得時にかかる税金での軽減がある他、住宅ローンの借りやすさもアップ。さらに60㎡以上あると将来の2人暮らしにも十分対応できそう。間取り表示にこだわらず「広さ」にご注目を!

A FLOW OF SALES

物件購入の流れ

STEP
01
お問い合わせ・ご来店
ご質問のみでもお気軽にお問い合わせください。
お打ち合わせをご希望の場合は、日時を決めて、より詳しいお話をお伺いします。
不動産のプロからの視点で、無理のない資金計画や投資計画をアドバイス致します。その際、ご希望の条件(予算・地域・間取りなど)がございましたらお伝えください。
また、ウェブ上には開示されていない物件情報もご提案できますので、ぜひお問い合わせください!
STEP
02
打合せ
ご希望の条件やご要望を詳しくお伺いし、それに添った購入条件や資金計画などをご提案いたします。
不安や疑問に感じることがございましたら、なんでもお話ください。
プロの視点でアドバイスし、不安や疑問を解消致します。
STEP
03
ご希望の物件の見学
資料や写真では分からない現地の雰囲気や周辺環境を確認していただくために、現地へとご案内いたします。
購入後に後悔しないためにも、しっかりとご見学ください。
カメラやメジャーをご用意していただくことをおすすめします。
STEP
04
お申し込み
物件が決定しましたら、買主側の購入意志を売主に明確に伝えるため、「買付証明書」を明記して頂きます。
その後、「購入申込書」へ記入頂きます。条件のご確認を再度行って頂き、今後の流れの詳細をご説明いたします。
STEP
05
ご契約
契約内容をしっかりと把握していただくために、弊社では「重要事項説明書」をご用意しております。
この重要事項説明書には物件本体の事のみならず、物件の権利の事や法令による制限などに関することが記されています。
今後生活をされる上で、とても大事な事になりますので分からない事は何でもお尋ね下さい。
手付金をお支払い頂き、売買契約書へ押印を頂き、売買契約が成立となります。
STEP
06
お支払い・登記
自己資金や融資による売買代金ををご用意頂き、残代金をお支払いと同時に鍵と書類を受領します。買主様が住宅ローンをご利用される場合には、“金銭消費貸借契約”を締結し、諸手続きが完了となります。
STEP
07
お引き渡し
物件、鍵、重要書類等を買主様にお引き渡しいたします。
STEP
EX
気球ご体験
ご成約いただいた方につきまして、気球の試乗ツアーをご用意しています。
ご興味がある方やご希望の方はご連絡ください。
気球ツアーの模様は、コチラからご確認いただけます。

Fudousan Plugin Ver.5.0.0